結婚生活

結婚する前に同棲はした方がいい?1年間同棲を経験して感じたメリット・デメリット

これから同棲を始めようと思っている皆さん、同棲する事に対してどんなイメージをお持ちですか?

大半の方は、好きな人と毎日一緒に過ごせてとても楽しい生活をイメージされているのではないでしょうか。

私もそんな生活を夢見ていました。実際に楽しかったですし。

でも同棲をするか悩んでいた時に、人生の大先輩方から言われたのは『結婚前に同棲はしない方がいいよ』という言葉でした。

まだ同棲を経験した事の無かった時は、イマイチ理由がわかりませんでしたが、同棲してみて意味が分かりました。笑

同棲していると楽しい事ばかりではなくお互いの嫌な部分も見てしまい、別れる可能性が高い、またはマンネリ化して友達感覚になってしまう(異性として見れなくなる)カップルが多いようです。

経験した今なら分かる気がする・・・

もちろん、同棲して良かったと思えた部分もたくさんあります。

同棲したことがキッカケで別れてしまった、等失敗しない為に、同棲ってどんなものか事前に理解しておいた方がいいです。

私は同棲をしない方が良かったと後悔したのか・・・。

今回は私が1年間同棲していた時に感じた、同棲をする事のメリットやデメリットを紹介しようと思います。

参考にしてみて下さい。

結婚をする前に同棲するメリット

同棲メリット

まずは同棲してみて良かったと思った事を紹介します。

2人で過ごせる時間が圧倒的に増えた

私たちは1年間遠距離恋愛をしていました。

距離で言うとお互いの住んでいる県の間に1県挟んだ位です。

ただ嫁が土日祝日休みだった事に対して、私は小売業で正社員として働いていたので土日祝日は基本的に仕事でした。

なので嫁が月2回のペースでいつも愛会いに来てくれてましたが、希望休を出しても土日祝日の連休は正社員だと中々取らせてもらえませんでした。

結果的には嫁との将来の事を考えて転職しそのタイミングで同棲を始めましたが、朝起きても夜仕事から帰ってきても嫁がいるので、2人で過ごせる時間が格段に増えました。

貯金ができた

これは私より嫁の方になりますが、遠距離恋愛中は新幹線で会いに来てくれてたので毎月の移動費だけでも5万円近くかかっていたようです。

なので、大分負担が減ったそうです。

家賃や光熱費なんかも別々で住んでいたので2人分かかっていましたが、同じ家に住めば1件分の支払いで済むのでかなり費用を抑える事ができました。

家事の負担が減った

1人暮らしの頃は家事も全部1人でやっていましたが、同棲した事で分担してできるので、負担が減りました。

負担が減ったと言っても、ご飯を作る料や洗濯する量は倍になっているので、実は変わっていない・・・?

結婚生活のイメージができた

結婚したらどんな生活なんだろう?という疑問も、同棲をする事でイメージができました。

イメージ通りの部分もあれば、思っていた部分と違ったり、いろいろな発見があり有意義でした。

結婚する前に同棲するデメリット

同棲デメリット

同棲してもいいことばかりではありません。

次はデメリット(同棲しない方が良かったなと思った部分)を紹介します。

結婚した時の感動が薄い

同棲して1年後に結婚しましたが正直結婚手続きの書類を出しに行っただけで、生活環境は結婚した後も同棲していた時と全く変わっていません。

なので周りから新婚で羨ましいと言われても、同棲生活の延長のような感じであまり結婚したという実感がありませんでした。

子供ができればまたガラッと変わるんでしょうけど。

恥じらいが無くなる

多少の恥じらいはありますが、付き合いたての頃と比べるとお互いにオープンになってきた部分も多く、これが異性として見れなくなる原因なのかなーと感じました。

まぁ一緒に住んでいて、相手に気を使っていろいろ我慢するのはストレスになるのでいい事なのかな?

1人の時間が減った

家にいても嫁がいるので、一人の時間がほぼ無くなりました。

1人で出かける事も殆んどないですし。

誰かと一緒にいたいと思う人であれば、これはメリットだと思います。

別にずっと一緒にいてもストレスに感じては無いですが、夜更かししていると怒られたりするので、こっちに入れさせていただきました。笑

同棲生活のアドバイス

同棲アドバイス

同棲を考えている皆さんに、私なりのアドバイスを考えてみました。

同棲するなら期間を決める

人生の先輩方からは『同棲はしない方がいい』と言われましたが、個人的には期間をしっかり決めて同棲すればあり』だと思っています。

一緒に生活するとお互いのいい所だけでなく、嫌な所も見えてしまいます。

でも、結婚してから嫌な部分が判明しても時すでに遅しです。

結婚してからは何十年と一緒に過ごしていく人生のパートナーになるので、同棲して結婚生活を疑似体験するのは全然ありだと思います。

しかし、注意も必要です!

同棲期間が長引く程マンネリ化して、相手の事を異性として見れなくなる事が多いようです。

そうなってしまうと別れる原因にもなってくるので、同棲するなら期間をしっかり決めた方がいいです。

家事の分担や生活費の支払いは初期段階で話し合っておく

これは私たちのプチケンカの原因になていましたが、どちらかに負担が偏るとケンカの原因になりやすいです。

私たちは、料理・洗濯は嫁、皿洗い・ゴミ出しは私、掃除は2人で、などと決めてます。

分担は決めてますが余裕がある時はお互いに手伝います。

これで大分ケンカが減りました。(0になったとは言っていない!)

結婚後の生活を意識して広い賃貸を借りるのもあり

部屋数が少ない安い部屋を借りて、将来の為に2人で頑張って貯金したいと思うカップルはそれでもいいでしょう。

私たちの場合、同棲の段階で結婚した後もそのまま住めるような広い賃貸を借りました。

それぞれの部屋もあります。ちょっと一人になりたい時なんかに自分の部屋があるとかなりいいですよ!

まとめ:結婚前の同棲は期間を決めれば『あり』

同棲生活を予定していた皆さん、いかがだったでしょうか?

同棲したくなくなりましたか?笑

記事内でも何度か言っていますが、個人的には同棲することは『あり』だと思っています。

ただ同棲期間が長くなる程恋愛感情が薄れてしまう人が多いようなので、しっかり期間を決めた方がいいです。