グラブル

【グラブル】外部ツールの導入は必要?ディスコードを実際に使って感じたメリット・デメリットを紹介

グラブルで外部ツールを導入している団が増えています。

ですが、導入していない団もまだまだあります。

私の団も外部ツールの導入は行っていませんでしたが、ある団員さんの提案で導入する事になりました。

導入した外部ツールは『ディスコ―ド(Discord)

私自身外部ツールは抵抗があったのですが、実際に使ってみると中々便利でした。

まだ導入して日は浅いですが、使ってみて感じたメリット・デメリットを紹介しようと思います。

導入を迷っている方(特に団長さん)は参考にしてみて下さい。

そもそも何故外部ツールの導入を検討するのか

そもそも何故どの団も外部ツールを導入するのでしょうか。

よくある意見は『グラブルの団チャが使いにくい』です。

確かに団チャ投稿履歴の表示最大件数が少ないので、団チャの活発な所はすぐに投稿が流れてしまうので使いにくいです。

実際古戦前に団長がルール説明を投稿して、確認・了解しましたの意味で団員みんなが『ハイ!』スタンプを押すと、確認が遅れた方は流れてしまって見れなかったという事もよくあります。

しかも普通に投稿しようとしても『禁止ワード』で引っかかる事が多く、自分ではどこが引っかかっているのかわからない事が多いです。

この辺りは私も前々から改善して欲しい部分でした。

私の団の外部ツール導入条件例

外部ツールとして私の団は『ディスコ―ド』を導入しましたが、外部ツールに対して抵抗のある方もいるので、導入には以下の条件となりました。

・連絡事項は今まで通り団チャで行う
・ディスコ―ドの導入・参加は任意
・ディスコ―ドでは雑談がメインだが、団チャでも雑談OK

ディスコ―ドを導入しても連絡事項は従来通り団チャで行うので根本的には改善していませんが、それでも導入して良かったと思う部分も多かったので紹介します。

外部ツール(ディスコ―ド)を導入して感じたメリット

外部ツール(ディスコ―ド)を導入して良かったと思う部分の紹介になります。

・雑談がより活発になった
・DMができるので共闘呼び出しが不要に
・スクショを使って編成相談ができるように
・ライブ配信もできる&視聴できる

雑談がより活発になった

最終的にディスコ―ドを導入して参加した方は10名ちょっとになりましたが、雑談が活発になりました。

個人的には団チャで投稿するのは抵抗を感じて控える事も多かったですが、ディスコ―ドはライン感覚でやり取りできるのが良かったです。

メンバーは多いですが聞き専の方も多いので、結果的に発言するのは一部の方だけですがグループでやれているのでワイワイできています。

DMができるので共闘呼び出しが不要に

グラブル内で誰かと個人的な話がしたい時、内容が他の人に分からないように共闘呼び出しが一般的ですよね。

ですがそれだと、待ち合わせの時間とかを事前にやり取りして、スケジュールを合わせないといけませんでした。

ディスコ―ドではDMでやり取りできる機能があります。

メールと同じように連絡しておけば、自分も相手の方も都合のいい時に内容を確認して返信する事ができます。

これは結構助かりました。

スクショを使って編成相談ができるように

団チャでも装備編成ができなくは無いですが、コメントで細かく伝えようと思ったら入力するのも大変ですし、聞き手もイメージがし辛いです。

ですが、スクショを取ってディスコ―ド内にアップすれば手間も省けて、聞き手も視覚的に瞬時に捉える事ができます。

編成相談は初心者だけでなく上級者になっても結構行うので、こちらも助かる機能です。

ライブ配信もできる&視聴可能

ディスコ―ド内でライブ配信して、メンバーは参加できるようです。

同じ団員さんがどんなムーブでターン回してるとか見せて貰う事ができます。

YouTubeにも配信している方は多いですが、身近な方が配信していると特別感があります。

知らない人の配信を見るより、仲のいい人の配信の方が込み入った話なんかもできて楽しいですよ!

外部ツール(ディスコ―ド)を導入して感じたデメリット

次に外部ツール(ディスコ―ド)を導入して感じたデメリットを紹介します。

・団チャでの会話が減った
・退団したい時、解雇したい時に大変そう

今の所感じているデメリットはこれくらいですね。

団チャでの会話が減った

ディスコ―ドに参加していない方とやり取りするにはグラブル内で行うしかないですが、ディスコ―ド内で大体スッキリするまで話ができるので、団チャに投稿しなくなりそうです。

ディスコ―ドに参加していない方は無言でいたいという方が多いと思うので、それはそれで問題無いと思いますが。

参加している方同士で仲良くなって、参加していない方とは同じ団員なのに疎遠になる、という事にはならないように、気を配った方がいいかもしれません。

高難易度マルチの団内募集は団チャで行うなどで、ディスコ―ドに参加していない方ともコミュニケーションをとっていこうと考えています。

退団したい時、解雇したい時に大変そう

これはまだ経験が無いですが、ディスコ―ドに参加した後に退団したくなった時、または団長が解雇したい人が参加していた時、やり辛そうです。

個人的には折角の出会いなので抜けた後も参加したままでいいのかなと思ていますが、それを嫌がる人もいると思います。

この辺りはどう対応していくか課題ですね。

導入を検討している方は、この辺りまで考慮していた方がいいと思います。

外部ツール(ディスコ―ド)を使って感じたメリット・デメリットまとめ

長らく外部ツールの導入に抵抗があった私ですが、使ってみるとメリット部分が多く感じられました。

結果的には導入して良かったと思っています。

皆でワイワイしながらプレイすると、やっぱグラブル楽しい!ってなりました。

VCをやるのはまだ抵抗があるので、しばらくは聞き専で行こうと思っています。

導入を検討している方は参考にしてみて下さい!

こちらの記事もおすすめ!