遊戯王

【トレカ】カードを売るなら実店舗・フリマ・ヤフオクどこがお勧め?体験談を元にメリット・デメリットを紹介

カードを売る時どこで売ってますか?

私が子供の頃は実店舗しか選択肢がありませんでしたが、今は実店舗・ネットフリマ・ネットオークション・ネット買取といろいろあるので、どこで売るのが一番いいのか悩んでしまいますよね。

私はトレカ歴がそこそこ長い(20数年)ので一通り試してきましたが、結論から言うとそれぞれにメリット・デメリットがあったり、売るものによってどこで売るのがベストなのか変わってきたので、今回は私の体験談も踏まえて紹介しようと思います。

どこで売ろうか迷っている人は参考にしてみて下さい!

カードを売るならどこがお勧め?メリット・デメリット

カードを売るならどこがお勧めなのか、実店舗・ネットフリマ・ネットオークション・ネット買取それぞれのメリット・デメリットを踏まえて紹介していきます!

実店舗

売りたいカードを店舗まで持っていく事で店員さんが買取査定してくれる方法です。

代表的な店舗で言えばカードショップ専門店、ブックオフ(ハードオフ)、本屋(カードの取り扱い店)などですね。

私が実際に店舗に売りに行った時に感じたメリット・デメリットは以下になります。

メリット

実店舗で売る場合のメリットは以下の事が挙げられます。

・ある程度カードに詳しい人が査定してくれる
・査定・買取手数料がかからない
・即金性がある

PAS鑑定などプロの人が査定してくれるという程ではありませんが、専門店でなくてもある程度カードに詳しい人が査定してくれるので、査定中にキズが付いたなどのトラブルは一度もありませんでしたし、的外れな査定額を出される事もあまりなかったです(たまに例外ありましたが)

実店舗で売りたい時個人的に一番感じる魅力ポイントとしては、査定無料・買取手数料がかからない事と即金性です。

最近主流のネット上での販売(メルカリやヤフオク)などはサービスを利用する関係で販売手数料や送料(着払いもできますが)がかかるので、その負担がないのはメリットだと思っています。

売れたお金は振込が必要なくらい高額でなければその場で受け取る事もできるので、緊急でお金が必要な場合は実店舗一択だと思います。

デメリット

実店舗で売る場合のデメリットは以下の事が挙げられます。

・カードを持っていく必要がある
・待ち時間がかかる
・買取強化以外のカードは相場より査定額が安くなりやすい
・少しのキズで買取価格が大幅に下がる
・大量のカードは買取してくれない店もある
・専門店でない場合、担当が休みだったら後日再訪問をお願いされる

実店舗の場合はカードをお店まで持って行かないといけないので移動時間がかかりますし、査定も終わるまで待たないといけません。

そこまで時間をかけて納得する査定額が出ればいいのですが、店が利益を乗せて相場と同じ~やや高いくらいで販売する事を考えると、査定額はどうしても世間の相場より安くなりがちです。

それでもある程度の値が付けばいいですが、ちょっとのキズがあるだけで査定額は大幅減、場合によっては買取してくれない事もあります。

なので実店舗でカードを売りたい場合、基本的にほぼ美品しか買い取ってくれないと思って持ち込んだ方が時間的な無駄が少なくていいです。

コンディションに自信が無いものは、この後に紹介するネットフリマなんかで売った方が全然値が付きます。

また私の体験談ですが、買取して欲しいカードの量が多い場合は査定すらしてもらえず断られる事もありました。

別のケースでは行った日がトレカ担当者不在だった時は、担当が出勤している日に改めて持ってきて下さいと言われる事もありました。

これは本屋などトレカ専門店ではない時が多かったですね。

このようなデメリットを体験・感じた事が多かったので、売る事を目的とした場合最近ではあまり利用していないです。

ネットフリマ

売りたいカードをネットフリマで販売する方法です。

代表的なものはメルカリやマギなどですね。

私がネットフリマを利用して感じたメリット・デメリットは以下になります。

メリット

ネットフリマで売る場合のメリットは以下の事が挙げられます。

・販売価格は自分で設定できる
・相場と同じくらいの価格で売れる
・多少のキズでもそれなりの価格で売れる
・価格設定や交渉の主導権は自分にある
・商圏が全国規模になる

ネットフリマの特徴の1つとして、販売価格は自分が設定できるという所が大きなポイント。

例えば相場が1,000円のものに対して自分は2,000円で販売したいんだ!と思えば、2,000で出品する事もできます。(売れるかは別です)

実店舗と比較した場合、例えば世間の相場が5,000円のものを売ろうとした時、実店舗が相場くらいで売りたいなら利益を乗せる必要があるので3,000円位の買取しかできないと言われる可能性が非常に高いですが、ネットフリマならほぼ相場で売る事ができます。

また、実店舗ではキズがある為買取できない、または激安査定がついたカードも相場より安く出品する事でそれなりの価格で売る事ができます。

実店舗では査定された価格で売るか売らないかの2択しか選択肢がありませんが、出品価格の設定や値下げ交渉が来た時の対応も自分が主導権を持てるのがとてもいいです。

商圏が全国規模になる事も大きく、『こんなカード店でも買い取ってもらえないよー』と自分で思ってしまうようなカードでも、全国レベルでみれば必要な人がどこかにいる可能性が高いので、意外と売れたりします。

自分では不要のカードだとしても、そのカードはまた誰かに必要とされたら嬉しいと思います!(カードは心を持たない無機物ですがw)

自分はカードが売れて、買った人はそのカードが必要で・・・とどちらにとってもWinWinな関係なのでネットフリマはお勧めです。

因みに、ネットフリマは私が一番利用している方法です。

デメリット

ネットフリマで売る場合のデメリットは以下の事が挙げられます。

・いつ売れるかわからない
・売れ残っている間も状態の管理が必要
・スペースも圧迫される
・値下交渉・購入後のやり取りが手間
・梱包・発送も手間
・トラブルが発生しても自分で対応する必要がある
・送料・手数料がかかる
・入金に時間がかかる

デメリットとして、まず出品したからといって売れるかはわかりません。

私の場合、出品してすぐ売れるものもあれば数年間売れ残っているものもあります。

逆に、数年前に出品したものが急に売れたりもします。

需要があるか、価格設定は適切か、などの要素も必要になってくるので、正直いつ売れるかはわかりません。

売れ残っている間無くしたりキズや汚れが付かないよう自分で管理する必要もありますし、いくらカードでも売れ残り品が多くなると保管スペースも圧迫してきます。

また、フリマの文化でもある値下交渉や商品が売れた後の挨拶・梱包・発送・場合によってはトラブル対応なども全て自分で行う必要があります。

自分が1つの店のオーナーになった気分で楽しく利用できればお勧めですが、これらの作業が手間という方には向きません。

送料を出品者負担にした時の送料負担や売れた後にかかる販売手数料も結構きつく、実店舗より高く売れたとしても最終的にはあまり差がない、場合によっては販売価格より高くなって赤字になる場合もあります。

出品する前に赤字にならないラインをしっかり計算するよう癖付けておいた方がいいです。

売上金を現金化したい場合も振込手数料がかかりますし、申請から入金まで期間があるので、お金が急ぎで必要な場合は実店舗に軍配が上がります。

メルカリ
メルカリ歴4年・評価600以上の私がメルカリで商品を販売するコツを解説メルカリが登場して数年が経ちますが、最近になっても評価0の新規ユーザーをよく見かけます。 新しくスマホデビューした中学生~高校生く...

ネットオークション

売りたいカードをネットオークションで販売する方法です。

代表的なものだとヤフーオークションなどですね。

私が実際にオークションを使用して感じたメリット・デメリットは以下になります。

メリット

ネットオークションで売る場合のメリットは以下の事が挙げられます。

・販売価格は自分で設定できる
・商圏が全国規模になる
・相場がわからないものを売る時は一番お勧め
・1円スタートでも最終的には相場に近い落札価格になる

最初の部分に関してはネットフリマと同じですね。

ネットオークションの一番の魅力ポイントは、相場が分からないものや1円スタートで出品しても最終的に相場に近い落札価格になる所です。

トレカで相場がわからないという事は滅多にないと思いますが、例えば『価値が分からないからネットフリマで適当に価格設定したものすぐ売れ、しっかり調べたら実は超お宝だった』という時に自分が損するので、価値がわからないものに関してはオークションが一番お勧めです。

性質的にはネットフリマと似ているので、価値がわかるものに関してもオークションで売る人も多くこの辺りは好みかと思います。

私はネットフリマ派ですw

デメリット

ネットオークションで売る場合のデメリットは以下の事が挙げられます。

・入札されるかわからない
・入札件数が少ないと安くなりがち
・梱包・発送が手間
・トラブルが発生しても自分で対応する必要がある
・送料・手数料がかかる
・入金に時間がかかる

下の4つはネットフリマと同じです。

入札されるか分からないという部分に関しても、需要やスタートの価格設定が適切かなどの要素で変わってきます。

また、オークションは入札者が落札価格を競り合って値段が上がっていくのが基本なので、入札件数が少ない=ライバルが少ない=値段が上がらないという事に繋がり、結果予定していた価格より安くなることもあります。

スタートの価格や即決価格は設定できるので、出品する商品によって上手く価格設定しましょう。

カードを売るならどこがお勧め?まとめ

いかがだったでしょうか。

カードを売る際よく選択肢になりやすい実店舗・ネットフリマ・ネットオークションですが、それぞれメリット・デメリットがあります。

自分にはどれが合うのか考える事も大切ですが、売りたいカードによって使い分ける事も重要です。

個人的に一番利用しているのはネットフリマです。

参考にしてみて下さい!

こちらの記事もおすすめ!