結婚式

挙式スタイルの種類・特徴・選び方を紹介!あなたに合ったスタイルはどれ?

挙式のスタイル、皆さんはお決まりですか?

挙式のスタイルにはいくつか種類があります。

当然、スタイルが違えば内容も変わってきます。

どんな種類があるのかよく知らないという方もいると思います。

そこで今回は、挙式スタイルの違いや選び方を解説します。

この記事を参考にして、自分たちに合ったスタイルを見つけて下さい!

挙式スタイルの種類とそれぞれの特徴

挙式のスタイルのは、大きく4つのスタイルがあります。

4つの挙式スタイル

◆挙式スタイル(宗教色有り)
・神前式
・仏前式
・キリスト教式

◆挙式スタイル(宗教色なし)
・人前式

それぞれの特徴をみていきましょう。

挙式スタイル:神前式

神前式は日本の伝統的な挙式スタイルの1つです。

挙式は通常神社で行います。近年ではホテルや結婚式場でも挙式できる式場も増えています。

白無垢や色打掛、引振袖などの豪華な着物を着る事ができます。

そして、厳粛な祝詞、独特の作法・所作など、和のテイストで式を行います。

和装をして、日本の伝統的な式を挙げたい方にお勧めのスタイルです。

挙式料の相場は、約30万円~40万円程です。

挙式料以外にも、衣装代やヘアメイク料などの費用もかかってきます。

神社で行う場合は、【初穂料(玉串料)】と呼ばれる謝礼として神社に収める費用がかかる場合があります。

相場は約10万円前後ですが、神社によってはそれ以上かかる場合があります。

挙式スタイル:仏前式

仏前式も神前式と並んで、日本の伝統的な挙式のスタイルの1つです。

仏前式の大きな特徴としては、基本的に参列できるのは親族のみで、友人や知人などは参列できません。

衣装は一般的に神前式と同じですが、決まりはないので、ドレスなどで挙式することもできます。

檀家となっているお寺や、自宅の仏壇の前で僧侶を招いて挙式することもできます。

挙式スタイル:キリスト教式

キリスト教の教会で、牧師さんが執り行う挙式スタイルです。

バージンロードやパイプオルガン、聖歌隊の歌声、そして、牧師さん主導で行われる誓いの言葉『健やかなる時も、病める時も~』でお馴染みの、あのスタイルになります。

因みに、日本人の方に1番選ばれている挙式スタイルです。

原則としてキリスト教信者を対象としています。

日本では信者でなくても式を挙げる事は出来ますが、事前に礼拝や講習会に参加するなど条件がある場合もあります。

本物の教会、または式場に併設されているチャペルで挙式できます。

◆メリット
・母親からのペールダウンや父親と一緒に歩くバージンロードなど感動的な場面が多い
・屋内で行うため、天候に左右されない。

◆デメリット
・費用が挙式スタイルの中で1番高い。
・1番人気のスタイルである事から、ゲストが見飽きている可能性がある。

キリスト教式は、ロマンチックな式にしたいという方、挙式は厳粛な雰囲気で披露宴はアットホームな雰囲気で、とメリハリをつけたい方にお勧めです。

挙式スタイル:人前式

決まった形式がなく、立会人の代表を立て参列者(ゲスト)に結婚の証人となってもらう挙式スタイルになります。

大まかな式の流れは決まっていますが、宗教的・儀礼的な決まりが無いので、内容を自由に決める事ができ、オリジナル感溢れた挙式を行うことができます。

ゲスト参加型の演出が人気で、ゲストとの一体感を重視したい方にお勧めのスタイルです。

キリスト教式の次に人気があるようです。

私たちは、この人前式スタイルを選択しました!

挙式スタイルの選び方ポイント

挙式スタイルの選び方のポイントですが、以下のポイントで選ぶと良いでしょう。

・理想の挙式スタイルがあるなら、そのスタイルを選ぶ
・誰に対して結婚を誓いたいか、どんな雰囲気で挙式を行いたいか

それぞれ解説します。

理想の挙式スタイルがあるなら、そのスタイルを選ぶ

前々から理想や憧れの挙式スタイルがあるのであれば、そのスタイルを選ぶ事をお勧めします。

今回初めて様々なスタイルがある事を知った方も、それぞれの特徴の違いから、『このスタイルがいい』と気に入ったスタイルが見つかったかもしれません。

挙式は一生の思い出になるので、後悔しないように気に入ったスタイルを選ぶ事を1番にお勧めします。

誰に対して結婚を誓いたいか、どんな雰囲気で挙式を行いたいか

こちらについてですが、それぞれのスタイルによって『誓う相手』や『式の雰囲気』が違ってきます。

1番人気があるのはキリスト教式で、挙式したカップルの約半数がこのスタイルと言われています。

ですが、私たちの場合『人前式』を選択しました。

人前式は挙式したカップルの約3割が選んでいるスタイルと言われています。

理由は、私たちは特に信仰している宗教もなく、堅苦しい雰囲気よりもアットホームな雰囲気で行いたかったからです。

厳粛な雰囲気だと、私たちがガチガチに緊張してしまいそうでしたし。

お世話になっている友人・知人にも承認を得て、2人の結婚を認めてもらいたいという思いもありました。

信仰している宗教がある方や、逆に厳粛な雰囲気で行いたいという方はそのスタイルを選んでもいいと思います。

挙式スタイルの種類・特徴・選び方まとめ

この記事の内容をまとめると、

・挙式スタイルには大きく4つのスタイルがある。
・それぞれの違いは、結婚を誓う相手や式の雰囲気
・後悔のないように、やりたいスタイルを選ぶ

上記になります。

私も結婚式を行うまでは、スタイルの種類や違いはよく分かっておりませんでした。

挙式のイメージというと、テレビで牧師さんがよくやっているイメージなのでキリスト教式のイメージしかなかったのですが、厳粛過ぎて自分は苦手だなと思ってました。

実際に人前式をやってみた感想は、入場まではガチガチに緊張してましたが、その後は和やかな雰囲気で緊張せず行うことができました。(和んだ理由の1つは、友人が緊張でスピーチの内容を忘れてしまった事でした。笑)

皆さんにはどのスタイルが合っていたようでしたか?

思い出に残る挙式になるといいですね!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です