運営報告

【ラッコキーワード】無料で検索ボリュームが確認できる!このツールでキーワード選定したらアクセス数が上昇!【ブロガー必見】

ブロガーの皆さん、記事を書く時のタイトルに使用するキーワードってどのように選定していますか?

なんとなく、『このキーワードってよく検索されていそう!』って思ったキーワードをチェックもせず選んでいませんか?

お恥ずかしい話ですが、私が実際そうでした(^^;

何の根拠もないまま、ただ需要がありそうなキーワードと自分の中で思い込んでキーワード選定やタイトル決めをしてきていたので、1年頑張ったブログのアクセスやPV数は伸び悩んでいました。

何が悪いのかいろいろ悩んでいる時に見つけたのが今回紹介するラッコキーワードというツール。

ラッコアイ

どんなツールか簡単に説明すると、無料でキーワードの選定や検索ボリュームがチェックできるツールになります。

こちらを使用してキーワード選定をした後に記事のタイトル決めなどを行うようにしたところ、アクセス数が急に伸びてきました。

ブログ13ヶ月目急成長
【ブログ運営報告】1年過ぎた頃からアクセス・PV数が急上昇!先月の2倍以上の伸びに。諦めるのはまだ早い!ガチ初心者だった私がブログを始めて1年経ちました。 先日、ガチ初心者だった私がブログを1年頑張ったらどうなったのかという運営報告を...

こちらの記事で1年経った後にブログが急成長している事を紹介していますが、実は今回紹介するツールもブログが伸び始めた時期から活用しています。

キーワードを自分の頭の中で選んでいる方にはかなりお勧めのツールとなっているので、是非活用してみて下さい。

ラッコキーワードとは?使い方・注意点について

ラッコキーワードについて、改めて紹介しようと思います。

無料でキーワードリサーチや検索ボリュームがチェックできる

ラッコキーワードとは先程紹介したように、無料でキーワードがリサーチできるツールです。

しかもそれだけでなく、調べたキーワードでの検索ボリュームをチェックする事もできます。

個人的に検索ボリュームがチェックできる点が非常に魅力的で、今から自分が狙おうとしているキーワードはホントに需要があるのか調べる事ができます。

記事を何時間も書け頑張って執筆しても、検索需要が全くないキーワードを選んでいたら読み手はその記事に辿り着く事ができません

時間と労力のムダになってしまいます。

このツールを使えばそれを防ぐ事ができるので、かなり助かっています。

ラッコキーワードの使い方について

使い方はとても簡単です。

1.まずはラッコキーワードにアクセスします。

ラッコアイ

2.次に調べたいキーワードを入力して検索します。

ラッコ1

3.検索されているキーワードが表示されるので、この中から書きやすいキーワードを選別し記事を書いていきます。

ラッコ2

キーワードを選ぶ時に参考にしたいのが、検索結果後の画面右下に表示される『web検索トレンド』のグラフです。

これが検索ボリューム確認の目安にできるもので、上段が過去12ヶ月、下段が過去5年の結果となっています。

例えば、『グラブル 団長』のキーワードで調べてみた検索ボリュームがこちら。

ラッコ3

過去12ヶ月の内では定期的に検索されているようで、需要がありそうです。

ラッコ4

続いて過去5年の検索ボリュームを確認。

こちらも5年前から検索需要があるようで、このキーワードで記事を書けば、トレンド記事のような一時的なアクセスではなく、継続的なアクセスが見込めそうです。

ただし、『グラブル 団長』の2つのキーワードだとライバルが強そうなので、3つ以上のロングテールキーワードを狙おうと思いました。

そこで、『グラブル 団長 挨拶』のキーワードで調べ直してみた結果がこちら。

ラッコ5

『グラブル 団長』だと需要があったのに、『グラブル 団長 挨拶』だと全く検索がありませんでした。

ラッコ6

当然検索ボリュームが確認できるグラフも、データが無いと表示されています。

このキーワードで記事を書こうとしていたので、危ない所でした。

ラッコキーワードのおかげで時間と労力をムダにしなくて済みました。

他にも詳しい使い方や応用についてはマネくるス様で紹介されていますので、チェックしてみて下さい。

ラッコキーワードの注意点

ラッコキーワードは無料で利用できますが、登録(無料)を行わないと1日当たりのチェックできる回数が制限されています。

登録しなくても使えますが、あれもこれもと調べるとすぐに上限になってしまうので、登録せずに利用したい場合は自信のあるキーワードを決めておきましょう。

無料で検索ボリュームが確認できるラッコキーワードまとめ

無料でキーワードのチェックや検索ボリュームが確認できる、ラッコキーワードの紹介でした。

自分が『このキーワード需要ありそう!』と思っていても、調べてみたら全くそうでない事もあります。

このツールは、無料で狙おうとしているキーワードがホントに需要があるのか確認する意味でもお勧めです。

しかも、記事ネタに困った時なんかにビッグキーワード(今回の例でいうと、『グラブル』という1つのキーワードのみ)で調べたら、どんなキーワードで調べられているか確認ができるので、ネタを探す時にも重宝します。

ラッコキーワードのおかげで需要のあるキーワードを選別できるようになったので、自分の感覚でキーワードを選んでいた時と比べてアクセスがかなり集まりやすくなりました。

まだ使ってないという方は是非試してみて下さい!

こちらの記事もおすすめ!